うつ病について学ぼう

うつ病患者への接し方を理解する|ストレス社会に対応する方法

同僚への接し方

女医

うつ病を発症してしまうと仕事に行くことができないので、自宅療養する必要があります。職場復帰した後もストレスが原因で再発してしまう可能性があるので、接し方や病気に関する正しい知識を身に付けておくことが大切です。

Read More

家族の支え

メンズ

家族の中にうつ病患者がいる時には、プレッシャーになるような言動は避ける必要があります。特に自殺願望などがある場合は叱るのではなく、接し方を変え優しくすることで必要な存在と認識する手助けができます。

Read More

休養するための環境

悩むウーマン

うつ病患者にとって最も大切なのは、心身共に十分な休養をとれる環境です。それを実現するためには、周囲の接し方が重要になります。周囲の接し方というのは、仕事を休み易いような環境作りであったり、悪影響となる人を遠ざけたり等です。

Read More

非定型うつ病の症状

看護師

うつ病の中には、従来のうつ病とは全く逆の症状が現れる種類も存在します。そのうつ病というのは、「非定型うつ病」です。もし、自身の周りに非定型うつ病を患っている方がいるのであれば、理解のある接し方をしてあげましょう。

Read More

性格による接し方

カウンセリング

メランコリー親和型というのは、性格タイプの一つです。様々な性格の中でも得にうつ病を患い易い性格と言われており、こういった人がうつ病を患った時には周囲の接し方等のサポートが重要になります。

Read More

サポートの基本

女の人

精神障害に指定されているうつ病は、ストレスによって発症してしまう病気です。症状には様々な種類がありますが、一番多くある症状の中にネガティブな感情などがあります。うつ病になると理由もなく悲しくなったり、自分の人生を哀れんだりしてしまい、症状が悪化してしまうと自殺を考えるようになってしまいます。最近では日本全国にうつ病治療を専門的に行っている心療内科や精神病院などがあり、ストレスケアも積極的に行われていますが、仕事や人間関係が原因でうつ病を発症している人はまだ増え続けています。
うつ病は心の病気として知られていますが、脳の働きが大きく関係しています。病気を発症してしまうと脳の機能が低下してしまい、自分の感情をコントロールすることが難しくなってしまいます。脳機能が低下してしまうと、毎日の生活で感じる色んな感情をすべてネガティブにとらえてしまい、次第に幸せを感じることができなくなってしまいます。また、感情だけでなく食欲の低下や、ホルモンバランスの乱れが原因で身体にも深刻なダメージを受けてしまいます。特に女性であれば生理不順を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

ストレス社会が原因で多くの人がうつ病を発症していますが、社会的にまだ理解が少ない病気となっているため症状がなかなか改善しないという人はとても多くいます。特に家族にうつ病の人がいる場合は接し方を変える必要があり、間違えてしまうとさらに追い詰めてしまう危険性があります。失恋や失敗で悲しんでいる人がいる時には励ます方法が一番適切かもしれませんが、うつ病の人を励ましてしまうとそれがプレッシャーになってしまいます。うつ病は自分で這い上がることが難しい病気と言われているため、周りの理解が最も重要になります。
家族にうつ病患者がいる時には正しい接し方を理解し、サポートしてあげることで症状を早く改善できるかもしれません。日本にある心療内科にはうつ病患者だけでなく、その家族に対してカウンセリングを行っているクリニックもあるのでそちらを利用してみるといいかもしれません。