家族の支え|うつ病患者への接し方を理解する|ストレス社会に対応する方法
女の人

うつ病患者への接し方を理解する|ストレス社会に対応する方法

家族の支え

メンズ

うつ病患者と上手に向き合う方法は沢山ありますが、接し方を間違えてしまうと相手を逆に追い詰めてしまう場合があります。これまでうつ病は心の病と勘違いされていたので、偏見を持った人がとても多くいましたが、うつ病は脳機能が大きく関係しているので必ずしも治らないとは限りません。うつ病が発症する主な原因とされているのはストレスですが、メカニズムは明確になっていないので、医師によって判断基準は大きく違います。うつ病患者に多くみられる、食欲低下や気分の落ち込み、イライラなどの症状は脳と大きく関係しているので、自分で感情をコントロールしようとしてもなかなか改善することができません。特に気分の落ち込みが激しくなってくると、自殺願望が芽生えたりする危険性があるので注意が必要です。

うつ病を発症してしまうと、すべてのことをマイナスにとらえてしまう傾向があるのでプレッシャーになるような言動は厳禁とされています。特に病気に関しての質問をしてしまうと、責められているような気分になってしまうので、注意が必要です。うつ病になった人によって多少症状などは違いますが、精神の弱さが原因ではなく思考や感情コントロールに問題があるため、不安を与える言動は避ける必要があります。特に家族の中にうつ病患者がいる場合には接し方がとても重要で、仕事や学校を休んでいることを話してしまうとストレスを感じてしまう可能性があります。治療のために自宅療養する人はとても多くいますが、無理に外出させようとしたり、質問責めしたりするとプレッシャーになってしまいます。結論や回答を求めない声掛けや、普段とあまり変わりない接し方をすることで安心して自宅療養できるのです。
厳禁となっている言動などはありますが、あからさまに接し方を変えてしまうと孤独を感じてしまうので、なるべく普段と変わらない接し方をしつつ、声掛けをすることが症状改善に効果が現れます。