性格による接し方|うつ病患者への接し方を理解する|ストレス社会に対応する方法
女の人

うつ病患者への接し方を理解する|ストレス社会に対応する方法

性格による接し方

カウンセリング

人の性格というのは、十人十色です。しかし、ある程度のタイプは決まっています。性格はタイプ分けしとてしても多岐に渡りますが、ここではその一つである「メランコリー親和型」について知っていきましょう。メランコリー親和型というのは、「真面目で几帳面」「責任感が強い」「完璧主義」等の性格を指します。特に、メランコリー親和型の人は決まり事を遵守する傾向が強いと言われています。それは、決まり事を自分よりも優先してしまう程で、様々な場面で自分を犠牲にしてしまうのです。そのため、うつ病を患いやすいと言われています。

メランコリー親和型の人に対する接し方としては、自分の時間を作ることをサポートしてあげられるような接し方が最適でしょう。基本的に、メランコリー親和型の人というのは、周囲の人に迷惑を掛けないために休息を取りません。しかし、無理やり休ませたとしても、罪悪感に苛まれ心を十分に休ませることはできないのです。そうなると、うつ病の症状を悪化させてしまう危険性もあります。そのため、周囲の人が気兼ねなく休めるような環境を作ってあげることが重要になります。それは、職場の同僚や上司、また主治医や家族といった患者本人の周囲を取り巻くすべての人に該当します。もし、自分自身の周囲にそういった人がいるのであれば、病気について理解した上でサポートできるような接し方をしましょう。メランコリー親和型の人にとっても、周りの接し方により罪悪感を抱かなくなれば、自分自身と向き合うことができるようになるはずです。その時には、自分自身の性格について知ることが重要になります。自分自身の性格をよく知ることによって、何が原因でストレスを溜め込んでしまっているのかを理解することができるはずです。その結果、ストレスを避けられるようになるかもしれません。

自分自身の性格を知った後に、すぐ性格を変えられる人というのは少ないでしょう。しかし、日々意識を傾けることによって、うつ病治療における新しい結果を得ることができるのです。新しい結果を得るためには、患者本人の考え方に加えて、周囲の接し方等のサポートが重要になります。身近な人と協力して治療することによって、自分に掛かる負担を軽減し、より早くうつ病を完治させることができるはずです。