同僚への接し方|うつ病患者への接し方を理解する|ストレス社会に対応する方法
女の人

うつ病患者への接し方を理解する|ストレス社会に対応する方法

同僚への接し方

女医

うつ病になると脳の機能が低下し、やる気や幸福などの感情が遮断されてしまいます。病気を発症すると、仕事や学校に行くことができず、自宅療養する人が多くいますが、なまけ癖があるなどと勘違いされやすいので周囲の理解はとても重要です。うつ病は責任感が強い人やまじめな人が発症しやすいと言われていて、自己判断は難しく、発見に遅れてしまう場合もあります。うつ病の治療はカウンセリングと投薬の2つありますが、まずは本人が病気を理解することが一番大切です。特に責任感が強い人がうつ病を発症してしまうと、病気事態を否定してしまう傾向があるため、症状がなかなか改善しないという問題があります。うつ病だと告げられた時には「心の病気」という受け止め方をせず、療養中は自分を見つめ直す時間として治療すると改善効果があるかもしれません。

うつ病治療のために仕事を休む人はとても多くいますが、迷惑をかけることに対してさらにストレスを感じてしまい症状が悪化してしまう場合があります。自分の同僚がうつ病を発症してしまった時には、正しい接し方をするように心がけることがとても大切です。特に上司の立場に立っている人は理解を示し、サポートしてあげることでうつ病を発症している人のストレスを減少してあげられるでしょう。最近では多くの会社で定期的なストレスチェックが行われていますが、それだけでは病気を完全に理解することはできません。特にうつ病などの精神障害は再発する可能性が非常に高いので、復職した後のケアも必要になります。社内でうつ病に関する知識を広めていれば、接し方や業務内容などを工夫することができるので症状改善やストレスケアに効果があるので取り入れてみると良いかもしれません。
うつ病に関する情報を掲載しているサイトでは、接し方などを詳しく説明していて、言ってはいけないNGワードなども紹介しています。特に励ます言葉をかけてしまうと、仕事や私生活においてプレッシャーになってしまうので注意が必要です。うつ病の理解を示すには、接し方を変えることがとても大切なので必ず基礎知識を集めておきましょう。